前回の復習と補足

  • パスの概念について
  • ターミナルコマンドの利用

    Finderのメニューから 移動 > ユーティリティ の順に選択して表示されるフォルダにあります。今後、頻繁に利用しますので、Dockに追加するとよいでしょう。

    もっとも重要な4つのコマンド

    • pwd (print working directory): 現在の作業ディレクトリを表示する。

    • ls (list files and directories): ファイルやディレクトリの名前等を表示する。

      ls -l, ls -F, ls -F どこかのdirectory のような使い方をします。

    • cd (change directory): 作業ディレクトリを移動する。

      cd どこかのdirectory, 単に cd のような使い方をします。

    • open: ファイルを指定して、それを開くためのアプリケーションを起動したり、アプリケーションを指定して起動する。

      open なにかのファイル, open -a アプリケーションの名前 のような使い方をします。

本日の内容

  • 授業の共通資料

  • テキストエディタの利用

    実習ではCot Editorと呼ばれるテキストエディタを用います。Finderのメニューから 移動 > アプリケーション の順に選択して表示されるフォルダにあります。今後、頻繁に利用しますので、Dockに追加するとよいでしょう。

  • gnuplot を用いた作業

  • 実習C:図5の作成とその手順(もしかしたら、図6の作成も)

    参考資料

    • Gnuplot tips — not so Frequently Asked Questions —

      世界的に頼りにされているサイトです。サイトの文字コードの設定がおかしいようで文字化けすることがあります。開いたときに文字化けしたときは、ウェブブラウザのテキストエンコーディングをUTF-8に設定すれば見られます。Safariならば「表示メニュー、テキストエンコーディング、Unicode (UTF-8)」を選択して下さい。

      作業を終えて、ほかのページで不都合が生じたら、テキストエンコーディングをデフォルトに戻して下さい。

    • Gnuplot の描画パラメター一覧