授業の概要

この授業の成績のつけかたについて解説しました。(後述)

データの処理と加工

前回の実習のフォローアップをしました。いくつかの典型的なはまりどころは以下のとおりです。

  • 自分では確かにプログラムを作成したのに gnuplot はファイルが存在しないと怒っている。
    • ケース1: CotEditorでファイルを編集したあと、保存をし忘れていた

    • ケース2: .plotファイルのないディレクトリでgnuplotを実行しようとしていた。

  • ファイルを複製して名前を変更するときに、意図せずに空白がはいったファイル名を設定してしまった。

  • 実習Bをみんなで実施しました。うっかりとしていて片対数にすることを伝え忘れました。

    GNUPLOT – not so Frequently Asked Questions –2次元プロットのあれこれの何ページ目かに書かれています。なお、このページを開こうとすると文字化けするかもしれません。文字化けした場合は、ブラウザのテキストエンコーディングを Unicode (UTF-8) に設定すれば見られます。Safari以外のブラウザもテキストエンコーディングを変更できると思います。

科学技術文書執筆

教科書5章に沿ってTeX, LaTeX, pLaTeX システムの歴史、pLaTeXシステムの利点と欠点、pLaTeXシステムの実際(図5.2と図5.1の対比)などを解説しました。

  • TeXShop の設定変更。

  • 配布データのダウンロード

  • TeXShopを用いた配布データの処理(IL2aクラスでは準備不足からご迷惑をおかけしました。来週、OCW-iのメッセージで情報を流しましたが、次週、フォローします。)

  • 実習の概要

プレゼンテーションに関するオンラインクイズ1

さっそく、自習のプレゼンテーションの授業の予習として最初のオンラインクイズを出します。授業時間内にOCW-iを介して宿題の内容をお伝えします。詳しくはOCW-iを確認して下さい。

単位について

  • データの処理と加工

    以下の実習を実施し、plotのプログラムと画像を提出していただきます。提出方法は追ってOCW-iを介してお知らせします。

    • 実習A: 図2
    • 実習B:図3と図7
    • 実習C:図5と図6
  • 科学技術文書執筆

    論文執筆の課題を実施し、完成させて論文のPDFファイルを提出していただきます。提出方法は追ってOCW-iを介してお知らせします。

  • プレゼンテーション

    今週から毎週のようにプレゼンテーションに関する簡単なオンラインクイズを出します。期限内にすべてのクイズに回答してください。

次週の予定

  1. プレゼンテーションのクイズの講評

  2. データの処理と加工の実習:実習Bの補足。実習A。課題の提出方法について

  3. 科学技術文書執筆:実習開始(簡単なところから)